福祉施設の老人ホームでの看取り

###Site Name###

福祉の老人ホームにおける看取りケアの近年の動向として、介護保険制度や医療制度のあり方の方向に、認知症への対応とともに看取りがあります。

老人ホームなどの入所者や在宅サービスの利用者が、慢性疾患や末期がん、老衰などで終末を迎えるにあたって、老人ホームなどや在宅で看取るか、医療機関に委ねるかは、本人やその家族の移行を尊重していますが、病状とあわせて看護や介護の体制について十分な説明を受け、インフォームド・コンセントを得ることが求められています。

老人ホームなどや在宅で対応することとなった場合は、人的・社会的環境を整え、身体的、精神的苦痛を緩和し、安楽な終末期を迎えられるように配慮が必要です。

看取りをするためには、経過に沿った提供できる医療の範囲の説明をうけ、本人の生前の意思確認とともに、家族や親戚縁者にも納得できるケアを施行することが必要です。



特に疎遠になっている家族やキーパーソンが別に存在する場合は、窓口になっている家族が説明を受けるか説明時の同席が求められます。



老人ホームなどでは、生活相談員などが中心となり、家族の意向を尊重し、福祉・医療・介護の各種専門職種で計画をたて、統一した方針で対応が必要です。



病状や治療の方法については、医者から説明をうけ、介護計画書作成の段階から家族も参加し、誰がキーパーソンとなって福祉・医療・介護各種サービスをマネジメントするのか明確にしておくことが大切です。